マヴィレット®を服用されている患者さんのためのウェブサイト

文字サイズ

abbvie

日常生活の注意事項

マヴィレット®による治療を受ける間、特に日常生活の制限はありません。
C型肝炎ウイルスの感染力は弱いので、通常の日常生活でまわりの人に感染することはありませんが、次のことを心がけましょう。

  • 歯ブラシ、カミソリなど血液がつく可能性があるものは、自分専用にする。
  • 血液や分泌物がついたものは、袋に入れるなどして捨てる。
  • ケガの手当てをする人の皮膚に、血液や分泌物がつかないようにする。
    ついた場合は、水でよく洗い流す。
  • 乳幼児に口移しでものを食べさせない。
  • 献血は避ける。
イラストイラスト

ご自身で肝臓のためにできる工夫としては、次のようなことがあります。
無理せず、できることからはじめてみましょう。

  • 体重を増やしすぎない。 適度な運動をする。
    食べすぎない。
  • 鉄分をとりすぎない。 レバーなど鉄分が多い食品や、鉄分を含むサプリメント、健康食品、薬などに注意する。
  • お酒は飲まない。
イラストイラスト

国家公務員共済組合連合会虎の門病院 分院長 熊田博光先生 監修
「マヴィレット®による治療を受ける患者さんへ」より引用

このホームページは、マヴィレット配合錠®を適正にご使用いただくため、
マヴィレット配合錠®を服用されている、あるいは服用される予定の患者さま、
およびそのご家族の方を対象に情報を提供しています。

あなたは現在、マヴィレット配合錠®を服用されている、
あるいは服用される予定の患者さま、およびそのご家族の方ですか?

はい いいえ