マヴィレット®を服用されている患者さんのためのウェブサイト

文字サイズ

abbvie

申請手続き2017年7月時点の情報です。

申請手続き

C型慢性肝炎・C型代償性肝硬変治療に対する医療費助成制度を利用するためには、お住まいの地域にある保健所や保健福祉センターなどに、必要な書類をそろえて提出してください。提出後、都道府県の審査に通ると「肝炎治療受給者証(以下、受給者証)」と「自己負担上限額管理票」が交付されます。

※各都道府県で名称が異なることがあります。

申請に必要なもの
提出書類 入手先
肝炎治療受給者証交付申請書 保健所など
医師の診断書 かかりつけ医など
患者さんが属する世帯全員について記載のある住民票の写し お住まいの市町村
患者さんが属する世帯全員の市町村民税課税年額を証明する書類(世帯全員の課税証明書) お住まいの市町村
健康保険証の写し

申請の流れ

申請の流れ

申請から交付までには1~3ヵ月程度かかります。
治療計画を立てる際には、その点も考慮しておかれるとよいでしょう。

「受給者証」が交付されたら

「受給者証」と「自己負担上限額管理票」を、健康保険証とともに、医療機関の窓口に提示してください。 これにより、1ヵ月1万円(世帯所得の多い方は2万円)までの支払いで治療を受けられます。

医療費助成の回数

「インターフェロンフリー治療に対する医療費」の助成回数は、原則1回のみです。
ただし、インターフェロンフリー治療歴があっても再び助成の対象となる場合もありますので、担当医にご相談ください。

医療費助成の期間

助成が受けられる期間は、各都道府県によって異なります。同じ都道府県でも、治療の内容によって、助成期間が異なることがあります。

この制度は国と都道府県が行っているため、申請時に必要な書類や申請窓口などは、各都道府県によって異なります。
詳しくは、都道府県の医療費制度の担当窓口やお住まいの地域の保健所、または受診している医療機関にお問い合わせください。

このホームページは、マヴィレット配合錠®を適正にご使用いただくため、
マヴィレット配合錠®を服用されている、あるいは服用される予定の患者さま、
およびそのご家族の方を対象に情報を提供しています。

あなたは現在、マヴィレット配合錠®を服用されている、
あるいは服用される予定の患者さま、およびそのご家族の方ですか?

はい いいえ